有田・伊万里の器時間 ギャラリー&カフェ【シノワズリ】

ギャラリー&カフェ【シノワズリ】


有田磁器は、江戸時代初頭(1610年代頃)に誕生しました。日本初めての磁器は、オランダ東インド会社(VOC)の船に大切に運ばれ、その半年も経たないうちにヨーロッパ各国の、王侯貴族のポーセリンキャビネットを飾る貴重な調度品となりました。
遥か昔、有田や伊万里の磁器の数々が、海を渡って東洋磁器ブームを起こした…。
想像するだけで、心ときめきます。
今、時を経て里帰りした古伊万里に、深い愛情と悠久のロマンを感じずにはいられません。
【ギャラリー&カフェ シノワズリ】は、そんな有田・伊万里の器たちが、現代の食卓に合わせて皆様をお待ちしております。

インフォメーション

2018/09/01

  朝夕の風に秋の訪れを感じ、ほっと一息です・・・。

  これからの季節は、唐津焼、小石原焼など土の質感を

  楽しめる器で、旬の味覚を素朴にいただきたいですね。

  ★毎年、リクエストの多い『さんま長皿』入荷しております★
 
 お刺身や、オードブルにも素敵に重宝いたします。

 

Copyright (C) 有田・伊万里の器時間 ギャラリー&カフェ【シノワズリ】. All Rights Reserved.